元気がもらえる リチャード・ブランソン 

virgin

こんにちは!

5月に入り、急に暑かったり、寒くなったり。

僕は、副鼻腔炎になり、顔面が痛い1週間でしたが、

ようやく回復し、ほっとしています。

 

鼻がズルズル長引いたら、すかさず耳鼻科ですよ!

ほんとに!!皆さんも気をつけてください。

 

>

5月といえば、5月病。

皆さま、ちょっと疲れが出てきているのではないでしょうか。

 

今日は、痛快で元気の出る動画をご紹介します。

 

 

 

 

最近、いろいろと経営者の本を読んでいるのですが、

その中でも、最高の面白さだった一人。

 

イギリスのリチャード・ブランソン。

有名なvirginグループの創業者です。

 

70年代のパンクムーブメントをつくった

sex pistolsの発掘やvirgin recordsをはじめ

航空会社、携帯電話会社、宇宙旅行まで

もうほんとにすごい数の成功と失敗を重ねてきた

お話です。

 

16歳で、高校を辞め

そこから、冒険の始まり。

 

>

こんな人、世の中にいるんだっていうくらい

ぶっ飛んでいますが、

 

彼からしたら、

僕たち夫婦なんて、

何〜にもやっていないに近いなと思います。

 

あれこれ、悩んだり、困ったりしている方、

大丈夫です。

 

これくらい破天荒な方でも、

世の中は受け止めてくれるんです。

強烈なパッションと深い愛情。

 

経営者って、大変そうだとしか思っていませんでしたが、

本当の本当は、とても魅力的なお仕事なんだと

教えてもらった気がします。

 

会社を経営している方や子育てされている方にとっては、

人の育て方、組織(家族)のあり方など、

超参考になると思います。

 

是非、ご覧ください。

 

感想などもよろしければ、

お店やコンタクトからお聞かせください。

 

今日はここまで

 

店主

 

1+
Share on Facebook3Tweet about this on TwitterShare on Google+0

100project 20名を突破しました

bty

こんにちは!

久々の更新となります。

 

無料の人生相談サービス

『100project』を始めて3ヶ月が経ちました。

 

ご相談が少しずつ積み重なって、

おかげさまで20名を突破しました!

ありがとうございます。

 

僕たち夫婦で、1時間〜2時間

お話をお聞きして、ご相談される方の頭の中の

もつれた糸を、解きほぐすようなイメージで

ご対応させていただいております。

 

「スッキリした」

「やっていけそうな気がする」

「決心がついた」

「ホッとした」

「助かった」

「新しい発見があった」

 

など、

 

お世辞かもしれませんが、

少しでも心が軽くなれば

僕たちはとても嬉しいです。

 

 

ご参考までに、

これまで、どんな相談が来たかというのを

プライバシーに差し支えない範囲で

ご紹介してみようと思います。

 

>

 

息子さんとの確執について

中学生・高校生のお子さんの進路について

 

 

転職について

会社内の揉め事について

キャリアアップについて

 

 

自分で始めたビジネスの今後の展開について

独立・起業について

カフェの運営について

 

 

不妊について

結婚と恋愛について

 

 

介護について

相続について

 

 

田舎暮らしのメリット・デメリットについて

DIY改修について

 

今後の人生の方向性について

 

など

 

>

 

多種多様なテーマになっています。

 

この中では、

介護や相続といった専門的なお話もあり、

僕たちが未だ経験していない内容の事もあります。

 

そんな僕らでも、相談していただいて、

お役に立てるのか、最初は不安でした。

 

でも、20名の方とお話してみると、

どんなテーマでも根っこは同じ。

 

 

共通しているのは、

皆さんの頭の中で、

いくつもの問題があるようにお考えで、

そもそも、

「何が問題なのかがわからなくなっている」

ということでした。

 

 

問題がわからなければ、

どうしていいかもわからない。

先が見えない。

 

どうしよう?

でもどうしていいかさえわからない。。。

といった感じです。

 

 

お話をお聞きしながら、メモを取り、

いろいろとこちらからも

ご質問を繰り返していると、

だんだんと本当の部分が見えてきます。

 

 

実はどなたも「シンプルな1つの問題」に

ぶつかっておられるケースが多いのです。

 

そして、その1つの問題の

『種』が発見できたとき、

「あ〜、そうだったんだ」という

安堵の表情をされます。

 

>

 

僕たちも最近、自分たちの今後について、

時代の変化の中で、どのように仕事を

組み立てていくか、考え続けていました。

 

人口減少時代、

消費はネットが中心になり、

AI化、

自動運転、、、

 

来たるべき時代の変化は、

避けることのできない(不可避な)状況の中で、

自分たちやお店の存在意義とは?

 

今はよくても、

今後のことを考えると

仕事そのものを見つめ直さなければならないのではないか?

でも、どうしたらいいんだろう??

 

自営やビジネスをされている方の中にも、

同じような悩みを抱えられている方が

多いのではないでしょうか。

 

最近、

いろいろな本を読み漁りつつ、

100projectでお話をお聴きする中で、

そうだったんだ!という発見がありました!

 

自分たちが抱える問題が何だったのか、

やっとわかったのです。

 

視界が開ける瞬間。

問題の『種』を見つけたとき、

初めてそれを解く手立てが考えられます。

 

どうやら100projectによって、

僕たち自身が相談に乗ってもらっていたようです。

ありがとうございます。

 

お客様にとっても僕たちにとっても、

共に、より良い人生になるために、

続けてまいりたいと思います。

 

今後ともよろしくお願いします。

 

追伸:

冒頭の、スターバックス再生物語。

ハワード・シュルツさんの自伝です。

とても素晴らしく感動的なお話です。

 

お仕事や進路に悩む方は是非。

個人的には、涙なしには読めない内容です。

オススメします。

 

店主

2+
Share on Facebook11Tweet about this on TwitterShare on Google+0

バブーシュ 入荷

DSC_7543

こんにちは!

 

皆さま来週あたり、入学式で、

あれこれお忙しいのではないでしょうか。

 

新生活を始めた方も、

まだソワソワでしょうね。

 

>

 

今日は、新入荷のお知らせです。

これまで何十足と販売してきたバブーシュですが、

春っぽい明るめのお色のものも入ってきています。

 

シンプルなデザインで、インテリアを邪魔しないのが

いいですよね。

 

今回の入荷では、

 

イエロー

ピンク

水色

オリーブグリーン

ダークグレー

ブラウン

ブラック

 

サイズは、

S 女性用(24.5くらいまで)

M 男性用(27くらいまで)

の2種類です。

 

DSC_7765

 

sennroで使用しているバブーシュは、

open当初からずっと使用していて、

もう4年間使用していますが、

破れずにいい感じでこなれています。

 

ご自分用にはもちろんですが、

トイレや、来客用にはうってつけです。

 

長持ちのポイント

 

毎日毎日、常に履いていると

傷んでしまいやすいのですが、

程よく、休ませながら履くとかなり長持ちします!

 

本革(羊革)なので、

これは革靴と同じです。

 

個人的には、ダークグレーが一番好きです。

DSC_7697

 

 

最初の裏面のつるっとした感じが、

撫でたくなる気持ち良さです。

 

DSC_7602

 

よろしければ触ってみてください。

 

ご来店、お待ちしております。

 

店主

4+
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

100 projectのその後

dav

こんにちは!

早くも4月に突入ですね。

 

新入学などの準備でお母さんたちも

大忙しなのではないでしょうか。

 

鬼の算数セットの名前書き。。。

嫁はおはじきと計算棒に四苦八苦していました。

といっても、うちはハンコでなんとか対応(笑)

 

トップ写真は、春の後楽園です。

青空と広々した庭園が気持ちいい季節です。

 

>

さて、3月の文具まつり、

たくさんのご来店ありがとうございました!

 

品切れしていたシャープペンや、

レターセットなども、再入荷しております。

 

また、長らく欠品だったイタリアのGIOTTOのりや、

IMG_3942

 

 

春から気分をあげる「マイペン」をということで、

シェーファー(アメリカ)

カランダッシュ(スイス)のボールペンも

新しく入ってきております。

 

IMG_3949 (1)

 

sennroとともにsubstanceも宜しくお願いします。

 

>

 

さてさて、前置きが長くなりましたが本題です。

 

無料での人生相談プロジェクト 「100 project」

を始めてから2ヶ月が経ちました。

これまで15名の方に相談を受けていただきました。

 

その中でお二人の方が、

この4月から新しい道に進まれると

sennroに報告に来てくださいました。

 

お二人とも、お仕事を変わられるそうです!!

(気持ちは8割がた固まっていたんでしょうね)

 

ご相談された時にはモヤモヤしていた表情が、

決めたことでとてもスッキリしたお顔に

なられていたのが印象的でした。

 

決めた人の晴れ晴れとした顔って、

毅然として美しいなと思います。

 

僕たちが、何か特効薬をご提供したわけではなく、ご自身の中で考えを整理された結果のことですが、

 

僕たちに話すことで、

「何が自分の中の問題だったのか」がはっきりしたとおっしゃってくださいました。

 

ありがとうございます!

 

問題がハッキリすれば、

答えは見つけやすくなります。

 

だからストレートな感情や事実を

「ノートに書く」ということを

お勧めしているんです。

 

>

 

そんなことを言いながら、

僕たちはノートで悩みを完全に消化しているかというと、そんなことはありません。

 

どんなご相談でも、共通して思うのは、

ご相談される方の悩みは、

僕たち自身の悩みでもあるということです。

 

なぜなら、ほとんどの方が、

「先回りして、物事をあれこれ心配している」からです。

実は、僕たちも同じなのです。

 

ご相談をお聞きして、客観的立場でお話していると、自分がお客様に発した言葉が「それって、僕ら自身にも言える話じゃないか」と思える瞬間があります。

 

相談にのっておきながら、

矛盾しているようですが、、

 

自分って

物事をそこまで冷静に判断できないなと

思うんです。

 

だから、コンサルタントやカウンセラー。

コーチ、占い師などのお仕事が必要なんだなと

改めて思った次第です。

(元コンサルタントですが・・・)

 

というように、

やってみてわかってくることってありますね。

 

お客様の何かのお役に立てればと

始めた100projectですが、

僕たちは僕たちで、とても素晴らしい体験を

させていただいております。

 

引き続き、何かお困りごとや悩みなどがあれば

ご遠慮なく、ご相談お待ちしております。

 

無料ですが、高額な壺を販売したりしませんので(笑)

ご安心を

 

>

 

後楽園は、桜のつぼみが開きかけでした。

スタンバイokといったところでしょう。

 

dav

 

sennroの近くでは、閑谷学校が桜の名所です。

桜が開花し出したら、お花見がてらカフェにも

お立ち寄り下さい。

 

今日はこの辺で

 

店主

3+
Share on Facebook10Tweet about this on TwitterShare on Google+0

卒業の季節

step

こんにちは。

今日は嫁が書いております。

 

先日、娘の卒園式でした。

 

6年って、あっという間ですね。

保育園に預け初めたときには、

「この仕事は、娘を預けてまでやる価値のあることなんだろうか」

と何度も葛藤したものです。

 

娘を預けてやるからには、価値のあることをしたい。

正直に、誠意をつくして、より良く生きるには。

考え続けて、早くも6年たってしまいました。

 

店内

途中、色んなことがありました。

先日も、お客とお話して涙ぐんだり、喜び合ったり、考えたり。

ここではお話できない、心臓が痛くなるようなことも、たくさんありました。

 

追い打ちをかけるように、娘が熱を出したりして。

どうやって乗り切ってきたのか、もはや思い出せないほど。

光のごとく時がたち、多くのことを経験させて貰いました。

 

graduate2

卒園式で、娘に卒業証書を渡され、不意に

「お母さん、ありがとうございました!」

と晴れやかな顔で言われました。

 

うまく返したかったのに、何かがカーっとこみあげてきて、

「お、おめでとう。」

としか言えませんでした。

 

 

この6年、果たして、うまくやってこれたのかな。

預けっぱなしで働いて、これで良かったんだろうか。

 

測ることはできないし、そうするしかなかったのですが

深い経験をして、お互いに、凄くたくましくなった、とは言えそうです。

特に私は、夫を打ち負かすほど強くなりました(笑)

 

母は強し、とはこういう事かと妙に納得。

 

graduate1

巡り巡って6年。

今度は下の息子が保育園に入園します。

 

今までより一層、真、善、美をもとめて、本気で考えていこうと想います。

人生を本気にさせてくれた子供たちに感謝し、精進してまいります。

 

 

お勤めや自営などで同じような、境遇の方もおられるのはないでしょうか。

かつてないほど、保育園という存在が脚光を浴びる時代。

子供を育てるという事そのものを、どう考えたらいいのか、親自体が一番勉強させられているのかもしれません。

 

また、お茶がてらお店などで共有できたら、嬉しいです。

どうぞご贔屓に!

 

 

5+
Share on Facebook33Tweet about this on TwitterShare on Google+0

sennro cafe 4周年となりました!

客席 (1)

こんにちは!

週末、いかがお過ごしでしょうか。

 

sennro cafe

3/19で4周年を迎えました!

 

これまで何ども何ども

お顔を見せていただいたお客様、

遠くからお越しいただいたお客様、

 

そして、

 

いつもお声をかけてくださるご近所さま、

いろいろなお取引先さま、

応援してくれる友人のみんな、

 

本当にありがとうございます!!

 

sennro外観 (1)

 

2013年の3月19日に、

初めてお客様をお迎えして以来、

早いもので丸4年が経ちました。

 

カフェを経営したこともなかった

僕たち夫婦が、2年間かけて

ペンキと木屑とホコリまみれになりながら

自力で改装し始めたのが2011年。

 

かれこれ、もう独立して6年も

カフェに関わっているのに驚きです!!

 

その間に、

僕は32→38歳

嫁は29→35歳

 

いや〜

アラサーから一気にアラフォーに

なってる〜!!

人生ってあっという間だと痛感します。

 

>

 

カフェを始める当初

構想からすると8年以上前のノートに

描いていたイメージの姿には

ようやく辿り着いた感はありますが、、、

 

植物 (1)

 

照明

 

 

オブジェ

 

その間の自分たちの成長や(歳をとったということも)

開業前に生まれた娘、そして昨年6学年差で息子が誕生と

いろんなステージの変化もあり、

 

嫁さん

 

お店とともに、自分たちのライフスタイルを

どうしていくのか、悩みというかあれこれ空想し、

考えてもいます。

 

さて、息子もだいぶ落ち着いてきましたので、

これからどうしていくのか、行動の時。

 

客席2

 

あれこれと、イメージしながら

ノートに書き連ねています。

 

ノートとか (1)

 

sennro入口 (1)

 

>

 

同時に、もう1件のお店

まだ1年生のSUBSTANCEさん。

この方も、どう育てていけるか、

 

「イメージを書くことの重要性」や

「ステーショナリーの魅力とパワー」を

お伝えするとともに、

 

新しく始めた 

無料相談プロジェクト「100 project

企業向けの「問題解決コンサルティング」など

 

本当に意味のある・価値のある仕事って

どんなものなのか。

 

自分たちの出来ること、していきたいこと

本当はどうあったらいいのか?

日々、自問しております。

 

 

DSC_7441

 

DSC_7436

 

DSC_7450

 

ない頭をひねりながら、、、

Macを頼りに(笑)ならないか。。

 

DSC_7431

 

DSC_7439

 

また1年、頑張ってみようと思います。

 

これまでの感謝とともに、

今後とも変わらぬご贔屓のほどを

よろしくお願いいたします!

 

今週もたくさんのご利用ありがとうございました。

それでは、また来週〜!

 

店主

5+
Share on Facebook20Tweet about this on TwitterShare on Google+0

春はもうすぐ

飛行機雲

こんにちは!

卒業シーズン真っ只中ですね。

吉永でも小学校、中学校、幼稚園など続々と

次のステージへ向かって羽ばたいています。

 

ズバーンと一直線に横切る飛行機雲が、

子供たちの様子とリンクして印象的でした。

 

>

 

さて、SUBSTANCEでの文具全品5%off

好評いただいております。

ありがとうございます!

 

RHODIAのメモパッドやステッドラーの蛍光ペン、

シャープペンシルなどが続々と出て行っておりますが、

再入荷もいたします。

 

3/31まで開催!

 

>

sennro cafeの方も過ごしやすい季節になってきました。

(冬場は土間が冷えますので、すみません)

 

DSC_7351
 

鉄道ファンの方がご来店されて、

大迫力で通過する列車を興奮気味に喜んでおられたり、

ギフトでいろいろお品物を選ばれたり、

カフェですが、いろんな楽しみ方をしていただけて、

僕たち店主としても嬉しい限りです。

 

2つのお店で、

ご来店、お待ちしております。

 

店主

3+
Share on Facebook11Tweet about this on TwitterShare on Google+0

春の文具まつり

DSC_7394

こんにちは!

気がつけば3月。

だんだん春めいてきましたね!

 

前回お知らせしておりました

「100 project」は、現在12名まで進みました。

 

「話をして、スッキリした」

「目からウロコだった」

「前に進めそう」など

嬉しいコメントも頂いています。

 

引き続き、ご利用いただけますので、

お気軽にご利用ください。

詳細はコチラ100project

 

>

 

さて、卒業や送別のシーズンですね。

SUBSTANCEでは、ペンの贈り物、

プレゼント選びのお客様が増えています。

あと、ホワイトデーのお返しにというお客様も。

 

>

 

春といえば、文具

進学、新学期の準備、転勤、転職などで

新しい文具でスタートしたいという方も多いのではないでしょうか。

 

今月は、sennro cafe4周年 &5年目に突入ということで、

文具全品 「5% off」を実施いたします。3/31(土)まで

 

 

明るい発色のスペインのUNIPAPELのノート

DSC_7390

 

 

ドイツ、ファーバーカステルやステッドラーの鉛筆。

(本物の書き味を小学生にも!!4B、6Bもございます)

DSC_7401

 

人気のスウェーデンのバログラフepoca(ボールペン)

DSC_7412

 

他にもカランダッシュ、LAMY、RHODIAなどなど

いろいろとご用意しております。

 

ご来店、お待ちしております。

 

店主

2+
Share on Facebook5Tweet about this on TwitterShare on Google+0

100 project 始めます

DSC_7329

こんばんは!

2月なのに、昼間は車でクーラーをかける始末。

今週は雪で始まり、今日はポカポカですね!

面白いですね。

 

>

今年に入り、いろいろなご相談が増え、

特に土曜日の夕方は、僕たち夫婦それぞれが

別々のお客様とお話をしたりで、

 

恋愛、

結婚、

子育て、

就職、

進路、

開業、

夫婦関係の相談 など

 

あらゆる年代の

あらゆるジャンルになっておりますが、

いろいろと聴かせていただいております。

 

>

 

昔、東京でサラリーマンをしていた若い頃。

いつかカフェをしたいと思っていたときに、

なぜ、あなたはここにいるのカフェ

という本を読んで、感銘を受けました。

 

そのお話は、多忙な毎日を送りながら

人生の方向に悩むサラリーマンが主人公で、

休暇で偶然立ち寄った田舎町のカフェで、

そこのオーナーと繰り広げられる

人生の会話を綴った物語です。

(カフェの書棚にこっそりあります!)

 

実際、僕たちがカフェをはじめる際に

こんなカフェにできたらいいなぁと

憧れていた本です。

 

カフェでの会話で

何かに気づき、その後自分で

納得できる人生を歩んでいく。

 

そんな風に、なれる場所があったらと

思って、これまでお店を育ててきました。

まだまだですけど。。。

 

>>

 

カフェは、来月(3月)で『丸4年』になります。

その間、いろんなことがありましたが、

おかげさまで、5年目を迎えられそうです。

本当にありがとうございます!

 

僕たちの中では、カフェの役割は、

「人生の交差点」だと思っています。

 

お店での雑談を超えた、

もう一歩進んだサービスをできたらと

考えまして、今年は、

『100 project』というのを始めてみようと

考えています。

 

とても、実験的な試みなのですが、

 

1年で、100人の方の人生を

より良くするお手伝いをする。

というコンセプトで、

いろんな年代の方の不安や悩み、心配ごと、

それから、チャレンジをお聴きして

サポートできたらと思います。

 

『無料』です。

 

お客様に「お話して、良かった」と

言っていただけたら、1人にカウントして

100名までいけるかどうか。

 

という単純なprojectですが、

かなり難易度が高いでしょうね〜。

 

僕たちも勉強しながら

ご対応していくつもりです。

 

今年に入り、既に5名さまに

「良かった〜」と

言っていただけています。

 

それが、僕たちが嬉しい瞬間でもあり、

これからの僕たちのお店や人生の

あるべき方向性でもあると考えています。

 

あと95名

 

もちろん、

100人という数が目的ではないですが、

そのくらい、お気軽にご利用いただけたら

という趣旨です。

 

>>>

 

100 projectの概要は、以下のとおりです。

 

毎週木曜〜土曜日:15時〜17時半まで(ご予約優先)

お一人様:1時間程度

場所:SUBSTANCE内 ミーティングスペース

年齢・性別:不問

料金:無料

テーマ:自由

 

※ 秘密は厳守します

※ お買い物等のお客様のご対応もしますので、

 その点はご了承ください。

ご希望の方がおられましたら、

お電話 0869−84−9775

または、コンタクトから。

 

カフェで直接もOKです。

声がけしにくいかもしれませんが、

さりげなく、「ちょっといいですか」など

お気軽におっしゃってください。

 

たくさんのご利用、

ご予約をお待ちしております。

よろしくお願いします。

 

店主

5+
Share on Facebook10Tweet about this on TwitterShare on Google+0

テクノロジーとアートの未来

こんにちは!

 

最近テクノロジーや起業家のブログを書いて、

カフェの店主がいったい、どうしたの?

と思われているかもしれませんが、

ご容赦ください(笑)

 

全然商売とは関係ないような?

あるような?お話ですが、

興味のない方はパスしてください。

 

>

僕たちは、アイデアをイメージにして、

それを実際に具体化していくことに

とても興味があります。

 

それは、日々の些細なことでも

人生の大きな夢についても。

 

そこから、いま一番大きなインパクトを与えている

googleという会社のことを知りたくなり、

自分たちの人生のヒントを

見出そうとしています。

 

「googleは巨大すぎて自分には関係ない」

という風に思うことは簡単です。

 

でも、生活やライフスタイル全般において、

googleの社員さんたちがどんな着目点を持って、

それを解決しようとしているのか。

そこに、大きな可能性があると思います。

 

僕たちは、その可能性を見たくて、

ベンチマークしています。

アホでしょう?(笑)

 

>

 

なぜ、googleはここまで巨大になったのか

 

どんな考え方でサービスを企画し、リリースし、

人々の関心やニーズを惹きつけるのか。

失敗についてどう捉えているのか など

 

働き方や人材の考え方

製品・サービスの開発のしかた、

マーケティングの手法、

全てにおいて、これまでの企業とは違う。

 

そうでなければ、

これからご紹介するようなサービスは

誕生し得ないでしょう。

 

みなさんは、

Google instituteってご存知ですか?

 

世界中の美術館・博物館にある膨大な数の

アート作品、歴史的資産がPCやスマホで、

しかも、ものすごく詳細なタッチまで見られることを。

 

本物の作品を見ることが一番ですが、

見られるようになったことの意義や重要性。

 

賛否があるかもしれませんが、

まず、これをご覧ください。

すごいですよ!!

 

ちなみにこれは6年前

2011年のTED(約5分)

 

 

さらに5年後の2016年

話し手のアミットさんが、若者から

精悍で自信に満ち溢れた紳士になっているのも見所です。

(約15分)

 

まったく原稿も見ず、ずば抜けて

回転の早い頭脳。

 

たった15分の話で、

ここまで惹きつけるトーク。

 

そして、あらゆる人種のあらゆる職業の人々が、

共鳴してリリースされるサービス。

 

 

これを全て、「無料」で見せてくれる会社が

世界のどこにあるのでしょうか。

 

どれだけの開発費と人の手間がかかっているのでしょう?

このプロジェクトは、仕事の合間のボランティアから

スタートしたそうです。

 

いや〜すごい。

このようなプロジェクトが、社内でいくつも

同時進行しているらしいです。

 

>

 

ちなみに、昨日(2月9日)は、

ドイツの画家、ゲルハルト・リヒターさんの

誕生日だったそうです。

 

ゲリハルト・リヒター google Arts & culture

 

僕は、恥ずかしながらお名前も知りませんでした。

でも、初めて絵を見て、「すげー!」と。

自分の好みの作風だと知ることができました。

 

知ることで初めて認識が広がり、

そこから新たに知りたい気持ちが持てるようになりました。

 

人のアイデア、想像力って、ほんとにすごいなぁと

心から感じます。

 

アーティストがアート作品をつくるわけですが、

僕は、このプロジェクトそのものが、

アートだとも思います。

 

まったく商売とは関係のない記事ですけども、

僕と同じく感動を共有できる方のために、

ご紹介しました。

 

感想やご意見があれば、

コンタクトから。

または、お店でお話しましょう!

 

今日はここまで

 

店主

1+
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0